ハーブティーのヒストリーを楽しもう

ハーブティーのヒストリーを楽しもう

ハーブティーとはそもそも何から由来しているのか気になりますよね。

昔に遡ってハーブティーの歴史を紐解いてみましょう。
ハーブティーは紀元前の四大文明から始まります。
そんなに昔からあるものなんて知りませんでしたね。

古代エジプトでは薬草の飲み物として活用されていたようです。
中世になり薬草酒というハーブを煎じた飲み物が盛んに作られていました。
薬草酒どんな味なのか気になります。

当時キリスト教では身体の不調は神からの戒めだったので改善することは禁止されていました。
禁止の対象外であった修道院などの隠れた場所で薬草酒というハーブティーの元となるものが求められ研究されていきました。
この中世の修道院での研究が民間に伝わるようになって近代薬学の歴史に大きな影響を与え、西洋が医薬品の世界へ移り変わっていくきっかけになりました。
まさか修道院でハーブティーの元となるものが生まれてとは面白いです。

近代では医薬品が台頭していく中でハーブティーは薬草の飲み物の役割を終えて健康茶や香りや味、色を楽しむ嗜好品になってきます。健康や美容に役立つおいしいお茶という進化を遂げています。

ハーブティーにはこんな歴史があったことなんて驚きました。
私達とこんなに密接で深い関係だったのです。

医薬品がない時代にはその代用として活躍していたのですね。
そして、皆が楽しめる嗜好品になったのはほんとうに良いことだと思います。

ハーブティーには心と身体を整えてくれるそんな効果が期待できます。
健康茶のように症状に合わせてぜひ気軽に召し上がってくださいね。

※ハーブティーは薬ではありませんのでお気をつけてください
医師から処方された薬の代わりでの使用や、治療のために使うことは避けてくださいね。
身体の健康状態が気になる人は必ず医師にご相談ください。