ハーブティーって何だろう?

ハーブティーって何だろう?

紅茶にもコーヒーにもなれない。
味もそこまで濃くなくて、優しい味。
素朴でナチュラルなイメージがありますよね。

でもハーブティーはそのイメージの通りではあるのだけど、
身体にも心にも良い影響がたくさんあります。

一つにはその多くがノンカフェインです。ノンカフェインのハーブティーもあります。

次に使われているハーブに薬効成分があること、そして抗酸化作用もあります。
ポリフェノール、カロテノイドなどのさまざまな働きをするフィトケミカルが成分に含まれています。
そのフィトケミカルには
・血圧のコントロール
・ストレスを和らげる
・細胞の代謝を上げる

などの効能がハーブには含まれているので
薬草として重要な役割を担っています。

私たちにはそもそも免疫力が備わっていて、自分の健康はある程度であれば、守れるようになっています。その働きを活発にしてくれるのがハーブティーです。

ハーブティーは病気を治すものではなく、予防したり軽い不調を和らげる時の手助けとして利用することをおすすめします。
なので体調がとても優れない、症状が気になる場合は医師の診断にかかることが必要です。

おいしく、楽しく、気軽に効果を得ながらハーブティーを楽しみましょう。
ぜひいろいろなハーブティーを試してみてくださいね。

※ハーブティーは薬ではありませんのでお気をつけてください
医師から処方された薬の代わりでの使用や、治療のために使うことは避けてくださいね。
身体の健康状態が気になる人は必ず医師にご相談ください。